自動車清祓

当社ご祭神柿本人麿公は朝廷の命により石見国(現在の島根県)にご赴任される時がございました。

当時は西国の果てが明石と言われていた時代で、御祭神は石見に行かれる途次、明石を通りかかった際に

「留火の 明石大門に 入る日にか
          漕ぎ別れなむ 家のあたり見ず」
 (ともしびの あかしおおとに いるひにか
          こぎわかれなむ いえのあたりみず)

と奈良の都を離れる悲しみの和歌をお詠みになられ、また、石見での任を無事終え、都に帰られる際にも

「天離る 夷の長通ゆ 恋ひ来れば
            明石の門より 大和島見ゆ」
 (あまざかる ひなのながちゆ こひくれば
          あかしのとより やまとしまみゆ)

と都に近くなった喜びの和歌を明石でお詠みになられました。
交通の整っていない時代に、ご祭神に何の災もなく
無事に都へお帰りになられたご神徳により、自動車の交通安全祈願に多くの方がお見えになられます。

自動車清祓(祈願料)
5,000円


関連授与品

交通安全・開運招福御守
1,000円

交通安全御守
800円

交通安全マグネットステッカー
500円

交通安全・開運招福小型御守
300円


柿本神社 〒673-0877 明石市人丸町1-26 tel.078-911-3930 fax.078-911-3954

Copyright © Kakinomoto-Jinja. All Rights Reserved.